利用規約
 
第1条(目的)
この利用規約(以下「本規約」といいます)は、株式会社アンバランス(以下「提供者」といいます)が提供するインターネットコンテンツ(ゲーム、占い等)のサービス(以下「本サービス」といいます)に関して、本サービスのユーザーと提供者との間の関係について基本的な事項を規定します。
第2条(適用)
1.本規約は、ユーザーが本サービスを利用する際の、ユーザーと提供者との間の一切の関係に適用されます。
2.提供者による本サービスの提供地域は、日本国内に限定されます。日本国外にて本サービスが利用できる場合であっても、提供者が日本国外でサービスを提供していると解釈されるものではありません。
第3条(規約)
1.本規約は、本サービスを利用する全てのユーザーに適用されます。
2.提供者は、ユーザーの承諾を得ることなく、いつでも本規約および諸規定の変更(料金規定の変更を含む)を行うことができるものとします。
3.変更後の利用規約は、提供者が別途定める場合を除き、インターネット上にて閲覧可能となった時点より、効力を生じるものとします。
第4条(ユーザー)
1.提供者が定める方法で利用を申し込み、提供者が承認した申込者をユーザーとします。
2.ユーザーは、本規約を遵守するものとします。
3.ユーザーが本サービスへアクセスするとき、本サービスを利用するとき、または提供者指定のソフトウェアを使用するとき、ユーザーは本規約の内容を承諾しているものとみなします。
第5条(設備・設定等)
ユーザーは、本サービスを利用するために必要な通信機器、ソフトウェア等、これらに付随して必要となる全ての機器を、自己の費用と責任において準備し、サービスが利用可能な状態にしておくものとします。また、自己の費用と責任で、任意の通信サービスを経由して、本サービスに接続するものとします。
第6条(利用料金)
1.ユーザーは、本サービスの利用料金および支払方法等について、本規約の他、別途提供者が定め、表示する内容に従います。
2.ユーザーは、本サービスの利用料金等に関わる消費税その他賦課される税を負担するものとします。また、振込手数料その他の決済費用は、全てユーザーの負担とします。
3.ユーザーが本サービスの利用料金の支払を遅滞したとき、提供者の判断により、支払期日の翌日から支払日に至るまで、当該料金に対し、年14.5%の割合で計算される遅延損害金を請求できるものとします。
4.利用料金は、提供者が任意に変更することがあります。
第7条(決済手段)
1.ユーザーは、本サービスの利用料金を、提供者の定める方法により、決済業務を提供する会社(以下「決済会社」といいます)が別途定める支払条件に従い支払うものとします。
2.ユーザーと決済会社との間で料金その他の金銭債務を巡って紛争が発生した場合、当該当事者間で解決するものとし、提供者は一切の責任を負わないものとします。
第8条(退会)
1.ユーザーが退会する場合、提供者が定める方法により届け出るものとします。退会の届け出を申請した時点で未払いの利用料金がある場合、ユーザーはその支払債務を負うものとします。
2.退会の理由の如何を問わず、既に受領した料金等の払い戻しには一切応じられません。
3.ユーザーが退会する場合、ユーザーが保有していた権利は全て無効となり且つ放棄されたものとします。
第9条(自己責任の原則)
1.ユーザーは、自己による本サービスの利用、本サービスを利用してなされた一切の行為及びその結果について一切の責任を負います。
2.ユーザーは、サービスの利用に伴い、他者から問合せ、クレーム等がなされた場合は、自己の責任と費用をもって処理解決するものとします。
第10条(個人認証情報の管理)
1.ユーザーは、本サービスの利用に必要なID・パスワード等の個人認証情報の管理、使用に一切の責任を持つものとします。第三者の不正使用等により損害が発生しても提供者は責任を負いません。
2.ユーザーの管理するID・パスワードが本サービスに対し送信され、個人認証に成功した場合、そのために生じる支払等の債務はユーザーが一切の責任を負うものとします。
第11条(権利義務の譲渡禁止)
ユーザーは、本サービスの利用により生じた権利義務の一切について、第三者に譲渡、移転等の処分または担保権の設定等をしてはならないものとします。
第12条(禁止行為)
1.ユーザーは本サービスを利用するにあたり、以下に記載する内容に該当する行為をしてはならないものとし、ユーザーにより以下の行為が行われたときには、提供者は当該ユーザーに何らの通告をすることなしに、当該ユーザーの利用を一時的に停止し、あるいは利用資格を取り消すことができるものとします。
(1)本サービスに不正な方法でアクセスし、情報を改ざんする行為
(2)本サービスに有害なコンピュータプログラム等を送信し、または公序良俗に反する不適当な内容等を書き込む行為
(3)本サービスが提供するコンテンツの解析、逆コンパイル、逆アセンブル、リバースエンジニアリング行為、または私的使用に必要な限度を超えて、当該コンテンツを複製する行為
(4)第三者もしくは提供者の著作権その他の権利を侵害し、または侵害するおそれのある一切の行為
(5)第三者もしくは提供者の財産又はプライバシーを侵害し、または侵害するおそれのある一切の行為
(6)第三者もしくは提供者に不利益又は損害を与え、または損害を与えるおそれのある一切の行為
(7)第三者もしくは提供者に対し、誹謗中傷、悪用、ハラスメント、ストーカー行為、脅迫等を行う行為
(8)公序良俗に反する行為またはそのおそれのある行為もしくは公序良俗に反する情報を第三者に提供する行為
(9)犯罪又は犯罪に結び付く行為、もしくはそのおそれのある行為
(10)選挙期間中であるか否かを問わず、選挙運動またはこれに類する行為
(11)性風俗、宗教、政治に関する活動
(12)提供者の承諾のない、本サービスを通じた、または本サービスに関連した、営利を目的とした行為またはその準備を目的とした行為
(13)コンピュータウィルス等の有害なプログラム及びデータを本サービスを通じて、または本サービスに関連して使用し、もしくは提供する行為
(14)その他、法令に違反又は違反するおそれのある行為
(15)本サービスを通じて取得した、情報等、ソフトウェア、商品もしくはサービスにつき、これを変更、複製、頒布、送信、表示、上映、発行、ライセンスし、またはそれらに基づく二次的著作物の作成、移転または販売をする行為
(16)その他、提供者が不適切と判断する行為
2. 提供者は、ユーザーが本サービスの利用にあたり法令等に違反していると判断した場合、当該ユーザーの承諾なく、警察等の行政機関に通報できるものとします。
第13条(利用の一時停止、利用資格取消)
提供者は、以下のいずれかにユーザーが該当する場合、当該ユーザーに何らの通告をすることなしに、当該ユーザーの利用を一時的に停止し、あるいは利用資格を取り消すことができるものとします。
(1)利用料金等の支払を怠った場合
(2)電子メール、電話、FAX等による連絡がとれない場合
(3)ユーザー宛てに発送した郵便物が提供者に返送された場合
(4)上記各号の他、提供者が緊急性が高いと認めた場合や、本規約または個別規定などに違反する行為があった場合
第14条(賠償義務)
ユーザーが第12条第1項各号ないし第13条各号に該当する行為をした場合、当該ユーザーは、これにより提供者が被った一切の損害を賠償するものとします。ただし、当該ユーザーが自己の責めに帰すべき事由のないことを証明した場合には、この限りではありません。
第15条(著作権等の利用)
1.提供者は、ユーザーが本規約のすべての条項および条件を厳守する限りにおいて、私的使用の範囲内で本サービスの利用を許諾します。これ以外に、本サービスの内容に関する著作権、特許権、商標権その他の知的財産権をユーザーにライセンスするものではありません。
2.特段の説明がない限り、本サービスで提供されるコンテンツは全て著作権法上の保護対象になっています。ユーザーは、本サービス上の断り書きで許可される場合を除いて、提供者および著作権法上のその他の著作権者から書面による許可を得ずに、これらの著作物を非商業的かつ個人的な目的以外にて利用、複製またはダウンロード(以下「使用」といいます)をすることはできません。
3.ユーザーが、非商業的かつ個人的使用の目的で本サービスのコンテンツを使用する場合においても、当該コンテンツに含まれるすべての著作権表示および他の財産権表示を保持したままの状態で使用するものとします。ユーザーは本サービスで提供される内容を頒布、改変し、または他サイトで利用することはできません。
第16条(サービス内容の保証について)
提供者は、本サービスの内容およびユーザーが本サービスを通じて得る情報等について、その完全性、正確性、適用性、有用性などについては、いかなる保証も行いません。例えば、本サービスの内容に関して商業上の利用可能性、特定目的への適合性または第三者の権利を侵害するものでないことについて黙示の保証をするものではありません。提供者は、ユーザーが本サービスの提供する内容、データ、テキスト、画像、動画または音声を使用し閲覧することによって、ユーザーのコンピュータ機器に損害が生じた場合や、ユーザーのコンピュータ機器に影響を与える可能性のあるウィルスにより被害が生じた場合にも一切の責任を負いません。
第17条(免責事項及び賠償限度)
1.本サービスの提供、遅延、変更、中断、停止、もしくは廃止、本サービスを通じて登録、提供される情報の流出もしくは消失、その他本サービスに関連して発生したユーザーの損害について、本規約または個別規定にて明示的に定める場合を除き、提供者は一切の損害賠償責任を負わないものとします。
2.提供者が、ユーザーの被った損害を賠償する必要がある場合、その責任範囲は通常かつ直接の損害に限り、逸失利益その他間接損害は一切賠償の対象とはなりません。なお、当該ユーザーが損害を被った時点から過去に遡って一年間に当社に現実に支払われた利用料金の金額をもって、損害賠償額の上限とします。
第18条(リンクページに対する責任)
提供者は、本サービスにリンクしている他のいかなるホームページの内容にも責任を負いません。
第19条(サービスの一時的な中断)
1.提供者は、提供者の判断により、ユーザーに事前に通知することなく、ユーザーに対する本サービスの提供の全部または一部を中止する措置をとることができるものとします。
2.提供者は、本サービスの提供の中止によって生じたユーザーへの不利益や損害については、一切その責任を負わないものとします。
第20条(個人情報)
1.本サービスにおける個人情報の取扱いは、提供者が別途インターネット上に掲示する「プライバシーポリシー」に基づき、適切に取り扱うものとします。
第21条(クッキーの使用)
1.提供者は、ユーザーの端末を特定する目的でクッキーを設定することがあります。その場合、クッキーはユーザーのコンピュータ内に記録されることがあります。
2.クッキーには以下の情報が保存されることがあります。
(1)ユーザーを一意に識別するための情報、及びユーザーが認証を正常に通過してサービスを利用していることを示す認証情報等
(2) ユーザーに適切な情報を配信するための、ユーザーの属性についての情報
2.提供者は、本サービスを提供するために保管されたクッキーを利用することがあります。
3.ユーザーがクッキーをブロックしたことにより、当該ユーザーが本サービスを利用できず、又は本サービスの利用に支障が生じ、これにより損害が発生したとしても、提供者は一切責任を負いません。
第22条(知的財産権)
1.本サービスに関連して新たに発生した著作権その他の一切の知的財産権は、提供者、または提供者に権利許諾したライセンサーに帰属します。
第23条(商標)
本サービスにおいて表示される商標、ロゴ等(総称して「商標」といいます)は、提供者または第三者の登録商標または未登録商標です。
第24条(合意管轄裁判所)
本サービスまたは本規約に係わる一切の紛争は、東京地方裁判所を唯一の専属的合意管轄裁判所とします。
第25条(準拠法)
本規約に関する準拠法は、日本法とします。
本規約は2009年6月19日から実施します。
 
© UNBALANCE Corporation